こんちゃ。熊次楼です。 音楽と趣味である鉄道をのびのび書いていきます。
熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留学日記3
2015-03-13-Fri  CATEGORY: ギター・音楽
今日は体が物凄く疲れたので家までの遠い距離をタクシーを使って帰ることにした。
すると、このあたり(Sevilla)では聞き覚えのない訛ったスペイン語で「Va' a toma' u' taxi?(タクシー乗るかい?)」と聞かれた。セビーリャにもここまで訛る人いるんだと思い、そのタクシーに乗る。
するとどうだろう。男性なのだが顔までスペイン人らしくないのである・・・。とっさに思い付いたのが南米スペイン語圏の人。確か顔が黒めで背が低い人が多かったようなと頭に浮かんだのである。しかし相当訛っている。これは聞いてみるしかない!思い切って質問してみた。
「どちらの出身ですか?」

すると彼はこう答えた。

「俺?ボリビア人だよ。」

まさか!!!!!セビーリャでボリビア人に会えるなんて‼‼‼‼‼と興奮してしまいました。
彼の話によると片道切符でセビーリャに来たとのこと。目的は不明である。
するとその片道切符でお金が無くなったのでセビーリャでタクシー運転手をして稼いでいるとのこと。
明日にでも帰りたいそうな。
自分の母語であるスペインに来たはいいものの、ボリビアよりも物価が高いスペインはボリビア人にとってとても応えるようである。金に困っていると聞いてカネ泥棒するのではと一度疑ったが、彼曰く「ボリビアの治安はすごく悪いけど、よその場所でバカ働くほど落ちこぼれちゃいねぇ。」と切り返す態度。一人で稼ぐのがすごく楽しいそうだ。
言うこと通り、タクシー代は表示金額のみの請求をしてきた。
ボリビアの国は良い国だと散々言っていた。(自国愛であろう。)私の父がその国の音楽を専門的に演奏しているという話をすると、飛び上がったように嬉しがる彼。自分の国が好きなのであろう。

「セビーリャ飽きたらボリビアに来な!毎日がアドベンチャーだぜ!」

彼は嬉しそうに自分の国のことを話してタクシーとともに姿を消した。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。