こんちゃ。熊次楼です。 音楽と趣味である鉄道をのびのび書いていきます。
熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/17(土)菅沼聖隆&飯野なみ ジョイントコンサート 無事盛況終了
2014-05-19-Mon  CATEGORY: ギター・音楽
05/17日(土)に菅沼聖隆&飯野なみジョイントコンサートが開催されました。コンサートは盛況のうちに終わり、御来場の皆様は喜ばれてご帰宅されました。お客様には村治先生やなみさんの通う玉川大学の教授がいらしたりして、様々な方々にお越しいただきました。

今回はコンクール優勝記念コンサートということもあり私も異常なほど(?w)練習し、新たなデュオとして演奏しました。これまでに私がデュオを組んできたのは小林智詠さん、秋田勇魚さん、飯野なみさんの3人ですが三人ともに全くタイプが異なるので演奏スタイルと音楽性の勉強ができて私は良かったかなぁと思います。

で、今回組んだなみさんですが、しっかりとしたコンサートホール(サロン?)で演奏するのは初めてででして、正直どうなるかなと不安もありました。しかしお互いにそこは練習で不安を埋めることができ、本番に臨めました。そしてお互いの成長も感じることができて、新鮮さも同時に感じました
まさなみ1

そしてなみさんの独奏の時私は控室で休んでいました。それでも室内に聞こえてくるなみさんの音は迫力がありの美しさがありのと素晴らしい音楽を聞かせてくれました。本人が悩んでいた音の迫力はもう十分出ていたので聴いていた村治先生曰くもう求める必要はないとのこと。それは私も同感でした。

そして今回の私の独奏は雑さを取り除いた演奏を試みました。実際聴衆にはどう聴こえたのかはわかりませんが、良くわからない「責任感」らしきものに押し潰されそうになったのは事実です。(「責任感」とは自分はお金を取っているから良い演奏をしなければというプレッシャー)
結局はコンサートの数をこなさなければいかんということらしく、今すぐに直すのは難しそうです。まぁ、そこは今後の私の成長を見てくださいな。

後の打ち上げでこっ酷く言われた事、お互いの課題は「音楽性」の更なる追求ですね。ですから経験が基になった指摘が出てきたのは私たちにとって有り難いことです。それは村治先生が特に仰っていました。ただ、コンサート自体は初めてだったわけで「音楽性」も何もなかったのもありマスが…((爆笑))
そこは今後も対応していくべきところですね。
あとはコンサートの経験値を積むことですかね。

今回のコンサートもとても楽しかったです。またできたらいいなぁ‼

まさなみ2
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。