こんちゃ。熊次楼です。 音楽と趣味である鉄道をのびのび書いていきます。
熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めて第三者の視点からみたコンクール
2013-08-19-Mon  CATEGORY: 未分類
昨日、第38回GLC学生ギターコンクールを観戦しました。

いやぁ、一言では表せることが出来ないレベルの高さでした。
本選欄高校生の後半~大学生全体を聞かせてもらいましたが、
これだけでも今年の出場者のレベルが高かったんだなと思い...
ました。

僕は初めて第三者としてコンクール会場に向かったわけですけれども、
コンクール出場者って凄いんだなと思ってしまいました…。
今まで7年間あのような場所で同世代と戦ってたんだなと思うと、よく
戦ってたよなとしみじみ感じました。
それと同時に、コンクールはたとえレベルは同じであれども
順位はつけなければならないという残酷さも知りました。
(あ、あと出場者の保護者の皆様の緊張感も体感しましたwww)

コンクールに向けて1位をもぎ取ってやる(まではいきませんが[汗])、
てな感じの意気込みが言葉では表現できないほどヒシヒシと伝わりま
した。それはなぜかというと僕が思うコンクールの意気込みよりも今
回の出場者の方がはるかに上回っていたのです。
(もちろん、僕もコンクールに出る時の熱い意気込みはあります。)
ですから、演奏を聴いた時に頬にビンタを食らうぐらいの衝撃が走り
ました。

これからも、コンクールを出場するだけでなく、観戦もしていき、
より深く演奏家(音楽家)としての意気込みを勉強していこうと思い
ます。

あ、そうだ。最後に
本日入賞、また、優勝されたかた。本当におめでとうございます!!
(そして本当にお疲れ様でしたwww[汗笑])
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。