こんちゃ。熊次楼です。 音楽と趣味である鉄道をのびのび書いていきます。
熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留学日記4
2015-04-22-Wed  CATEGORY: ギター・音楽
こんにちは。熊次楼です。(といっても本名はバレバレですが…(汗))
皆さん、ご機嫌はいかがですか?私は快調です!笑
結局日本と反対側のところで生活していても、自分の性格や人間性はまーーーったく変化がないことに驚いてます。
いや、むしろ性格が全く変わらない人間の凄さに感心てます。今更ながら。

先日、音楽院間近のバルのマスター(ララという女性です。)がこんなことを私に言ってきました。
「マサ、私の顔はインド人に似ているかね?」と。
「どうしたの?藪から棒に。」と尋ねると、
「いやロサ(このバルで働くバーテンダー)がね、私の顔がインド人そっくりだって言い張るんだよ。確かに褐色肌だけどインド人とは似てないと思うんだけどなぁ。」というんです。
僕は「いや、セビーリャでスペイン人離れしてる顔ってあんまり見たことないよ?」と言いました。
すると、「私は生粋のセビジャーナなのにねぇ。」と少し残念そう。
そうそう、ここのマスターはヒターノ(民族)色が強い雰囲気なんです。スペイン語の訛りは(説明できないくらい)物凄いし、バーテンダーのロサでもわからない時があるそう。だから外国人である私と話すときはゆっくりはっきり喋らなければいけないので、彼女のスペイン語は少しぎこちないスペイン語になるんです。
どうやらロサにはその状況が面白いみたいだったので色々と鹹(から)かったそうなのです。
ラウラが一息ついてると、ロサが彼女の隣に来て「褐色肌はアジア人にモテそうね♡」なんてことを言いからかった途端、「はいーー仕事仕事!あたしゃ食器洗うよー!ロサも馬鹿なこと言ってないでさっさと働きな!!」といきなり元気いっぱい!

彼女の吹っ切れたような笑顔は頭の脳裏に焼き付くようなほほえましいものでした。

…………………………………………

さて日記もひと段落ついたところで、今夏一時帰国の活動を掲載いたします。まだ時間等がはっきりしていませんので、日程と場所のみを記載いたします。交通アクセスなどをご確認される方はホームページでご確認くださいませ。
会場の名前をクリックすると、その会場のホームページへ行くことができます。

07/30(木) 「マサ&チエイ」ライブ  
会場:エル・チョクロ 雑司ヶ谷

08/01(土)小暮浩史・菅沼聖隆 ジョイントコンサート(コンクール優勝者の共演)
会場:ティアラこうとう 住吉

08/18(土)クラシックギター・ミニコンサート
(公開コンサートではないため、場所はお伝えできません。)

08/28(金)菅沼聖隆 一時帰国・コンサート
会場:GGサロン 要町

09/03(木) ~福岡由理企画~ フラメンコライブ (西国の宴~笑)
会場:アルハンブラ 西日暮里

以上です。今年度も宜しくお願いしま~す。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0


Copyright © 2017 熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。