こんちゃ。熊次楼です。 音楽と趣味である鉄道をのびのび書いていきます。
熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熊次楼の演奏予定
2014-03-19-Wed  CATEGORY: 未分類
05/03(土・祝)第45回クラシカルギターコンクール
ゲスト演奏
所:武蔵野文化会館(最寄駅:JR 三鷹)

05/17(土)菅沼聖隆・飯野なみ デュオジョイントコンサート
所:アンダンテ アイゼナハホール(最寄駅:JR 御茶ノ水・東京メトロ 新御茶ノ水・神保町)
時間:17:00開演

06/14(土)福岡由理フラメンコ舞踊教室生徒ライブ
伴奏演奏
所:エストレーヤ 神谷町(最寄駅:東京メトロ 神谷町)
第1部:13:00開演 第2部:17:30開演

06/29(日)日本重奏ギターフェスティバル・コンクール
ゲスト演奏
所:きゅりあん小ホール(最寄駅:JR・りんかい線・東急大井町線 大井町)

07/05(土)菅沼ユタカ ケーナ・サンポーニャフォルクローレ教室 万象房夏祭りライブ
所:町田万象房(最寄駅JR・小田急 町田)
(17:00頃?)
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
今日は卒業式。
2014-03-03-Mon  CATEGORY: 未分類
本日、私の通っている学校(鶴大附属高校)で卒業式が執り行われます。
そしてこの卒業式に卒業生の一員として私も出席いたします。

この学校には中学の頃から通っていますので、通算6年通ったことになります。
僕にとってこの6年間は正直短かったです。いつものように電車で通学し、そ
して授業を受け、部活に出て帰宅して…と考えてみれば平日~土曜にかけて休
む時間などなかったように思います。

それにこの6年間で習ったことがどのくらい頭の中に入っているのかすらも解
らない状態です。ですが、それこそが楽しみであり、冒険であったと思います。
小学生の頃の6年間と中学高校の6年間は全く違うよと耳にタコが出来るほど
聞かされたものですが、本当にそうだったと思います。

あるときは笑い、ある時は悲しみ、ある時は怒り、ある時は喜び、喜怒哀楽が
充実した日々だったように感じます。それが自分にとってどれだけ重要だった
かというのは今はまだはっきり解りません。自分の成長につながったことは確
かです。

学校という異色の環境の中で、終始自分には何が足りないかを考えていた事を
思い出します。考えてみれば同じ場所に同年代の人間が二百何人もいる事自体
不思議な環境だと思うわけですが、学校の雰囲気はそれを全く感じさせていま
せんでした。ですから、好みの教師にはあーだこーだわがままを言い、嫌いな
教師には耳を傾けず、自分のやりたいことだけやってしまうということができ
てしまうのでしょうね。

周りの皆からは僕のこの体型ですから、「おじさん」「おとうさん」「教授」
(あとまれに「関取」とかもあったな…)とか沢山のあだ名を頂きました。(笑)
ですが僕はこのあだ名に心底感謝しています。こう呼んでくれることで、仲間
との時間を共有できるわけですからね。

「あだ名」なんて僕が小学生の時なんか全く無くって、「菅沼」とか「ウザい
奴」とか「ゲスヌマ」とかあだ名なんだか悪口なんだかよくわからん呼ばれ方
をされていたものでした。ですから中学高校時代のあだ名は今でも感謝してい
るんです。それだけ肩身が狭い奴だったんでしょうが…

卒業という時を目の前にした今、これから躍進していく自分とこれまで成長し
てきた自分を見つめ直しています。それこそが今卒業生としての自分が出来る
最高の事だと思っています。

私はこれからもギターで活躍していきます。そのための努力段階は惜しまない
つもりです。卒業して別れる仲間、そしてこれから会える新しい仲間に常に感
謝し、今後とも音楽とギターを精進していこうと考えております。


学生時代の僕を支えてくださり、応援して下さった方々、本当にありがとうご
ざいました!!あなた方の支えがあったこそ今の自分があると思っています。
そしてこれからも応援し続けてください!!よろしくお願いします。

学生時代の熊次楼より。
トラックバック0 コメント7


Copyright © 2017 熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。