こんちゃ。熊次楼です。 音楽と趣味である鉄道をのびのび書いていきます。
熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月のコンサート・ライブ
2013-03-28-Thu  CATEGORY: ギター・音楽
早いもので、2012年度も今週一杯(+1日)で終わりを迎えることとなりました。

皆様、お元気でお過ごしでしょうか?もちろんの事ながら、私も元気です。
今月末はコンサート・ライブが続き、忙しくしながら1日1日が過ぎていきました。

まず、今月20に行われた御茶ノ水アンダンテ(アイゼナハ・ホール)での「マンスリー・コンサートNo.27」。
私としては初めてピアノと合わせて協奏曲を弾きました。この時は2部構成で、2部は協奏曲を2つ続けるという何とも無謀な挑戦を試みました。次の日は筋肉痛になってしまいましたが…。(笑)
しかし、自分の中では新しい取り組みに出会えてとても嬉しく思っています。来年度で高校生として最後を迎えるという時に無謀な挑戦しなくて何をするのだと思い、自分を追い詰めるつもりで挑戦したのです。

いやあ追い詰めただけあっていい演奏が出来ましたよ。(笑) 
うん、多分二度と組まないなこのプログラムは。(爆笑)

ピアノを担当して下さったのは一つ上の西本佳奈美さん。とても素晴らしいピアノで曲が活き活きしてました。
私自身、真剣にピアノと合わせたのは初めてなのですが、西本さんが良くまとめてくださり、本当に感謝しています。
本来、協奏曲系を2個続けるのはあまりにも無謀すぎて逃げてしまうピアニストが多いのですが、真正面からぶつかろうとする西本さんの態度に私は感銘を受けました。自分もこういう態度を持てる人になりたいと思った一人です。是非また一緒に演奏してください。

AKGのマイクを使ったのですが、音質が生音に近く、クラシックには最適なマイクでした。
下のURLはマンスリー・コンサート No.27の中の一曲、ポンセ作曲の「Concierto del Sur(南の協奏曲)」です。近代と古典が丁度よく混ざったギター協奏曲の傑作の1つです。時々和風な感じも出ていますが、これは私たち日本人が聞いているからでしょうか…。

http://youtu.be/mAZ9UXvmANs

次に、今月24日渋谷:公園通りクラシックスで行われた「Masa&Chiei Special Live」。
ゲストを3人も呼んで5人編成となる豪華なライブとなりました。ゲスト協力して下さった方、本当にありがとうございます。

Masa&Chieiは2年前に結成され、エネルギッシュな演奏と大胆に表現する演奏力を糧にギターの可能性を限りなく広げる活動することをモットーにしているユニットで、2011/11/11(土)の演奏から数えて丁度5回目の節目を迎えるときでした。
Chieiさんと考え、さすがに5回目の記念にはゲストを呼ぼうと思いつき、今回のゲストに至った訳でございます。ただ、ゲストを呼ぶにも結構大変で簡単に実行できるものではないことも確かで、本当に実行できるか否か、いささか不安に駆られたこともあります。

ゲストの門馬由哉さん、橋本容昌さん、早川純さんにご連絡をし、今月の23日(土)にリハーサルを行い、24日(日)に本番を行ったわけですが、注目すべきはこの23日(土)のリハーサル。
初めて中の初めてで合わせたのですが、殆どミスなし。初めてとは思わないほどの完成度で、初めての快感に私は頭が狂いそうでした。

ああ、これがプロなんだ。

と思いました。自分としては本当に信じられませんでした。また、自分の脆さにも気づきました。

本番は自分の演奏がまあまあでした。間違えるところははっきり間違えるし、ごまかすところははっきりごまかす。プロになって通用しないなと思いました。私は改心・精進して上達しなければなりません。

24日のライブの動画もあります。私の曲「La paz y el laso」とChick Coreaの「Spain」を挙げます。
是非見てくださいね。

では、また逢う日まで。

http://www.youtube.com/watch?v=1swujJg6y68
「La paz y el lazo」 作:菅沼聖隆

http://www.youtube.com/watch?v=q4iYkBHnti4
「Spain」 作:Chick Corea
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0


Copyright © 2017 熊次楼の音楽(鉄道?)ワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。